シャーウッドでビルトインガレージ&ゴルフシュミレーター

2006年に東栄住宅(ブルーミングガーデン:建売り)を購入。2007年にオール電化に改造(太陽光2.0kw、IH、エコキュート200L)
2017年5月。将来両親を呼ぶことを考えて建て替え。
折角なので、今できる最高のパフォーマンスで建築(最強のローンレンジャー(-_-;))。
憧れだったビルトインガレージ&趣味になりつつあるゴルフのシュミレーターマシンを導入しました!

空気清浄機型の加湿機を導入(シャープKC-G50)

クレジットカードのポイントが溜まったので(笑)、空気清浄機(加湿機能付き)の交換を依頼しました。1か月後の今日、ようやく到着しました(^_^)/


シャープのKC-G50-W(右側)

右側が今回届いた白色のモノ(色の選択肢はなかった)。実売価格は16,670円~
左側は今まで使っていたモノ(旧宅では花粉除去用の清浄機として使用)


進化しているようです

スイッチの配列が違いますね。
リビングは壁紙が白っぽいので、右側の新型の白色を使います。
旧型は2Fへお引越し。


さて、スイッチオン!

湿度30%。先ほどまで動いていた旧型のモノをフルに動かして35%前後でした。
(リビングは約25畳)


1時間後

湿度44%。お~!凄い!!
やっぱり新型。性能が違うようです(もしくは旧型の気化フィルターがダメなのか(^_^;)
そこから2時間経ちましたが、湿度45%をキープしています。
しかも空気がしっとりしている感じが分かる(^_^)
これは良いですね!


2Fに持ってきた旧型

一先ずエアコン稼働している、えす部屋に設置。
湿度目標50%にしているのだけど、27%→35%になったが、それ以上は上がらず(^_^;)


またクレジットカードポイントを貯めて、新型を貰うかな~(笑)

太陽光発電の設置費用と実際の買電・売電

午前は気持ちよく晴れていましたが、午後は曇ってきました。
インプレッサの車検が完了し、費用を振り込むついでに実際の売買電力価格を調査しました。


本日のお外

この茶色カバーの変更はやってよかった。増設した黒フェンスとマッチしていると思います。コンクリート部分は掃除しないと汚いですね(^_^;)



さて、まずは

我が家の太陽光発電システム

をご紹介です。


パネル図面

KYOCERA(京セラ)  HEYBAN 6.58kWです。
「関東 住まいの夢工場」にお邪魔した時に2メーカーを案内されました。性能と外観でこちらを選んだ気がします(^_^;)


外観

2階の屋根に載っています。瓦一体型なので、パッと見わかりません(^_^;)
積水ハウスさんと話し始めた当初は6.0kWを搭載する予定でしたが、ZEH対応にする為に能力増加(6.58kW)となりました。


接続ユニット

同じく京セラのECONANOCORDというものです。(写真左上)
パワーコンディショナーによっては必要みたいです。この辺は積水ハウスさんにお任せだったので付いていてビックリ!(旧宅の太陽光システムには無かった)
ま~邪魔にならない位置なので良いか~(笑)


パワーコンディショナー

オムロン㈱のKP55M-KCです。屋外設置用。パネル6.6kWまで対応。定格5.5kW。
電力変換効率95.0%。静音タイプのようです(29dB以下)
確かにパワーコンディショナー、駆動音が気になります(旧宅2kWは室内タイプだったのもありますがボチボチ音を発していました)


操作パネル

2軍設備リモコン(一度動かすと滅多に弄らない設備)達の一番右下です。
「連携運転」「自立運転」「停止」が切り替えられるボタンがあります。
このリモコンを早々使うことは無いでしょうから(記録はHEMSで表示されるし)、日ごろ存在を忘れています(^_^;) 
ちなみに自立にするとキッチンカウンター部のコンセント(赤色)に電源が行く仕組みです。


太陽光発電の導入費用は220万円(6.0kW)から値上がりして240万円(6.58kW)でした。
ただ、この20万円はZEHの計算に問題があったとかで値引きしてもらったような記憶があります。
にしても、220万円!しっかり働いてもらわないと元が取れませんね(笑)



実際の売買電価格(2017年10月~2018年1月)

調べてみました。(オール電化:ガスなし。支払月ベース。入居は9月)


10月  13,972円(売) 14,316円(買)   334円(光熱費)
11月    8,092円(売) 12,795円(買)   4,703円(光熱費)
12月    8,568円(売) 19,681円(買) 11,113円(光熱費)
  1月    5,712円(売) 26,055円(買) 20,343円(光熱費)


※12月、1月は床暖房を使っています。


まだ4か月ですが、旧宅と比べてどうでしょうか。

旧宅の延床坪数は30坪。新居は65.94坪(218m2)です。
旧宅の電気代(光熱費)は平均11,307円/月でした。新居は20,000円/月で予算立てしています(単純に面積が倍なので)。


旧宅でガス+電気併用の場合、420万円/10年の支払いになる概算が出ています。
新居で2万円/月の光熱費が実現できれば240万円/10年の支払いになり180万円浮くことになります。(約12年で設備代の元がとれます)


実際に1年後、電気代の月平均がどうなっているのか。楽しみです(^_^)/

2018年1月の暖房機器の運用と電気代

2/1の昼過ぎから降りましたが、気温のおかげかそこまで積もりませんでした。


2/2(金)の朝


前回の半分以下の積雪


道も車が余裕で走れます

スタックしている車や事故っている車が居なくて良かった。
ちなみに私が乗っているインプレッサGDB-E型は駆動配分がリア寄りですので、センターデフをAUTOモード(35:65可変 FR車に近い)にしていると、全く真直ぐ進みません(^_^;)
手動モードで駆動配分を50:50にすると別な車のように安定します。
今日は走り始めて「なんかフラフラするな~」と思っていたら手動モードにするのを忘れていました(笑)



さて、えす家の暖房関係ですが


(1F)
 ・床暖房 24時間運転のみ。(この冬、リビングのエアコンが動いたのは1日のみ)


気になる床暖の電気代は・・・

15,039円(1月) でした~。
ん~。旧宅に比べても高い・・・ サイズが桁違いに違うから仕方ないか。
でも、この暖かさは止められないっ!!(笑)



(2F)
 ・基本、エアコン1台稼働のみ。(ドアを開けていれば各部屋快適に過ごせます)


2Fのエアコンはこちら

見切れていますが(笑)、霧ケ峰100Vタイプ(暖房2.8kw)です。ほかの部屋3台は休止中。各部屋のドアを開けていれば、この1台で2Fを賄えます。


こちらを19.5℃設定で24時間運転しています。
気になるエアコンの電気代は・・・

3,568円(1月)。2Fすべて(約30畳)をカバーしていると考えたら優秀!


1月の家の全電気代は29,488円でしたので、
 ・暖房費で18,607円(全電気代の63%)
   →1F床暖で  全電気代の51%
   →2Fエアコンで全電気代の12%


でありました。床暖は暖かいけど、電気消費率トップバッターですね(^_^;)


太陽光売電は4,949円(1月)でしたので、最終的な1月の買電額は24,539円になりました。


あ!ちなみにHEMS上での話ですので、実際の請求が来たらどの程度の乖離があるのか確認して報告いたします(^_^)/