シャーウッドでビルトインガレージ&ゴルフシュミレーター

2006年に東栄住宅(ブルーミングガーデン:建売り)を購入。2007年にオール電化に改造(太陽光2.0kw、IH、エコキュート200L)
2017年5月。将来両親を呼ぶことを考えて建て替え。
折角なので、今できる最高のパフォーマンスで建築(最強のローンレンジャー(-_-;))。
憧れだったビルトインガレージ&趣味になりつつあるゴルフのシュミレーターマシンを導入しました!

ナスタのサイクルラックに色を入れました。

暑いかと思えば、いきなり雪が降ったり、めちゃくちゃな天気が続いています。
おかげで


3/21(水)

スタッドレスタイヤへ交換


3/24(土)

夏タイヤへ交換


しました。エアツールを導入してから30分程度で入れ替えできるようになったのでまだマシかな。4月はもう降らないでもらいたいです(^_^;)



ナスタサイクルラック


さて、いよいよ上の子が小学生卒業。中学校まで自転車通学となります。
本日は注文していた自転車を引き取ってきました。


自転車を使用する生活も想定していたので

を導入しておきました。積水ハウスではナスタの扱いが無いので施主支給です。


選んだ理由は
 1)自転車の置き場が決められるもの(適当に置かれるのは好きではない)
 2)ライティング機能があること(実用性とファッション性を両立)
 3)一見それとは分からないようなオシャレなものであること


でした。今回は3)を具現化します。


さて、娘の自転車の置き場も決まったので、ナスタのサイクルラックの色プレートを取り付けました。


取り付け後

19時位だったので既に真っ暗+サイクルラックのライトが点灯しています。
奥から「赤:えす」「黒:えす嫁」「赤:息子」「白:娘」にしました。


サイクルラック根元の土の部分は砂利にしようか、植物:グランドカバーにしようか悩み中です。


赤、白

赤色は茶色のベルバーンに特に良く映えます(#^.^#)


玄関から

とにかく明るいですね(笑)
些細な色プレートですが、すごく華やかになります。


ナスタの開発者の方、積水ハウスの施工してくれた方、ありがとうございます(^_^)/

花粉の季節の部屋干し対策~AirMe活用~

一か月ぶりくらいにブログを書きます。仕事が忙しい上に、仕事上でメンタルをやられまして書く気力がありませんでした(^_^;)
ようやく復活(吹っ切れ?)してきましたのでUPします。


何とビックリ! 嫁さんが嫁お父さんに中古車を買って貰ったようです。
本日、家に来ました。
ビルトインガレージ内はインプレッサとエクシーガで一杯なので青空駐車です。


スイフトスポーツ(ZC32S)

早速、これで買い物へ。
車重も軽いし軽快です。運転させてもらいました。6MTですが、ちょっとシフトストロークが長いかも(^_^;)
社外品を買って短くしたいですね(私の車ではないですが(笑))



出かけて買ってきたのは


在庫処分品のカゴ

ま、こんなの使う人、なかなか居ないよね。


設置(ビルトインガレージ)

エアツールの備品入れにしました。すっきり!
良い買い物したのぉ~。


さて本題~花粉対策~

うちは「えす」「えす嫁」「えす娘」の3人が花粉症です(^_^;)
ですので、積水ハウスの「アメニティー換気システムⅡ」を導入したかったのですがZEHの問題で採用不可となりました。

うん。今でも導入したい(笑)


で、実際は標準の「ハイブリッド換気システムⅣ」が採用されています。

空気の流入は
 ・引違い窓のガラリ(フィルター付き)
 ・換気口(多分フィルター付き)(キッチン背面、ビルトインガレージ)
空気の排出は
 ・1Fの風呂場の換気扇(24h換気)
 ・1Fキッチン換気扇の換気(24h換気が設定できる)
 ・1F親の部屋の換気扇(24h換気)
 ・1Fビルトインガレージの換気(24h換気)
 ・1Fゴルフシュミレーター室の換気(24h換気)
 ・2Fの全部屋+廊下の換気(ハイブリッド換気システム)


という感じです。花粉対策としてはAirMeを1Fに2台、2Fに1台採用しています。

このAirMeがあるからか?窓のガラリのフィルターで十分だからなのか?分かりませんが、家の中に居れば大体快適です(前の家に比べたら全然症状が軽いです)。


でも、このAirMe。別なことで大活躍しています。
先にも話に出ましたが、花粉症が多い我が家。この季節は洗濯物を外に干せません。
その時に役に立つのが「ホスクリン」×2列!


(ホスクリン+物干しざお)×2列

しかし空気の動きが無いと服が臭くなります。
そこでAirMeを強制作動させる訳です。上記写真の天井、四角い部分がAirMeです。


スイッチオン!

現在は「連続運転の中(下から2番目)」ですが、洗濯物がユラユラしていますので臭くならないでしょう。本来の目的とはだいぶ違いますが、「ホスクリン+AirMe」はお勧めのコンビネーションです(^_^)/


確定申告(住宅ローン控除)してきました~!

本日(土曜日)は久しぶりにダラダラとしてみました。


夕方はゴルフシュミレーターで練習。

今日は調子よかった!
毎回、この調子なら楽しいのになぁ~(^_^;)



さて、家を建てるとサラリーマンでもやらなければならない「確定申告」に行ってきました(私はサラリーマンですので、13年前に家を買った時に1度だけやりました。もちろん記憶無し。汗)。今回の家は建て直しですので家のみ新築扱いです。


元々、2/22(にゃんにゃんにゃんの日)に行くことにしていました(有給休暇利用)。
書類の準備は結構大変です。私は頼れる積水ハウスの営業さんへ事前に相談しました。
すると親切に必要書類のリストや、必要か所のコピーなどを持ってきてくれました。
お礼申し上げますm(__)m


「住宅ローン控除」の確定申告に必要な書類

【手元にあるであろう資料】 〇は家について。 ・は土地もローン対象の時必要


〇前年分の源泉徴収票(原本)(会社員ですと会社から毎年もらう表です)
〇請負契約書のコピー
  →印紙が貼付されているページ
  →署名・総額が記載されているページ
  →支払い方法、内訳が記載されているページ。
                     結論:一式コピーしてしまえばOK
・売買契約書のコピー(土地を購入された方:私は建て替えなので今回不要)
  →印紙が貼付されているページ
  →署名・総額が記載されているページ
  →支払い方法、内訳が記載されているページ。
                     結論:一式コピーしてしまえばOK
〇建物登記簿謄本(原本)(積水ハウスの場合は引渡し時のファイルに入っているはず)
・土地登記簿謄本(原本)(土地を購入された方:私は建て替えなので今回不要)
〇長期優良住宅の認定通知書(コピー)
〇住宅用家屋証明書(コピー)


【取得が必要な資料】


〇住民票原本(申請年の1月1日以降に交付されたもの)
〇借入金残高証明書原本(ローンを組んだ金融機関へ発行を依頼)


【データ元として持っていく資料】


〇通帳(還付金の振込先を記入する際に必要)
〇マイナンバー(本人・家族分)
  (カードが無い場合は住民票発行時にマイナンバー記載すれば情報手に入ります)


という感じでした。えす家の実例ですので参考までに(^_^;)
そうそう。「請負契約書」で家のローン金額を記載するのですが、追加工事分も現地で合算できます(請負契約書と同様の要件を満たした注文書のコピーが必要→提出します)。
これは結構、大きい金額になる場合もあるでしょうから是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。えす家は約360万円分(キッチン変更、断熱工事、外構追加、カーテン工事などなど)を上乗せしました。


逆データとして、住宅購入の際に補助金を貰っている場合は記載する必要があるので、それに関連したデータを持っていく必要があります。
「ZEH」ですが税務官は知らなかった(とぼけた?)のですが、一応記載しました。
-125万円の計上です。これは今でも記載するべきだったのかどうか不明です。
えす家の場合はローンの借入金残高が、ローン控除のMAX金額を上回っているので(^_^;)、ZEH分をマイナス計上しても還付金に影響はありませんでした。


「住宅ローン控除」の確定申告会場の様子

税務署(申告会場)に行って分かったのですが、最終的には「e-tax」というサイトで各々入力しますので、経験者や税にある程度精通されている方は、自宅のインターネット環境で確定申告ができます。
私はどちらにしろ初めてでしたので、行って良かったと思います。要所要所は税務課の方に教えてもらわないと判断できない部分がありました(^_^;)
時間はかかります。申告会場で初めから終わりまで3.5時間(待ちで1.5時間)費やしました。


会場入り口でもらう受付案内票

我々が11時に待合ロビーに座った時には125番までの案内でした。50人待ち(^_^;)


10番づつの案内で、ようやく会場に入ったと思ったら、そこでも15番分の待ちが・・・
しかも「寒い」「自販機が無い」「やることない」の3拍子付きでした。
ちなみに昼の12時付近は職員さんが交代で飯を食べに行ってしまうので処理スピードも落ちます。要注意です(笑)


おまけにやっておいた方が良い「ふるさと納税」

この「住宅ローン控除」の確定申告と一緒に「ふるさと納税の控除」も申請できます。
えす家は年末にふるさと納税に気が付き、自分の給与の対象となるMAX金額(えすは会社から効率の良い対象額を教えてもらいました)を慌てて「ふるさと納税」しました。
すると「ふるさと納税証明書」的なものが届きますので、こちらも申告時に持参し、e-taxに入力して(簡単です)、証明書を提出して完了です。


計算はe-taxが自動でやってくれますので楽ちんです(^_^)/
次回はワンストップサービスなるものを利用して「ふるさと納税」を計画的に楽しみたいと思います。